主な治療例/患者様の声

下顎の歯が1本もない場合の事例

下の歯が1本も無い、総義歯を入れている患者さんで、義歯が痛くて物を噛めないのをインプラントを入れて、義歯でも何でも噛めるように治した症例。

下の総入れ歯が、物を噛むと痛くて、長年困っていた患者さんです。

今回、下の顎の骨のインプラントが入る部分に4本のインプラントを入れて、総入れ歯とインプラントをローリングというアタッチメント装置で取り外しができる状態にした症例です。

アタッチメントとインプラントで、義歯が動いたり、はずれたりしにくくしたので、食事で噛んでも痛みが生じにくくなりました。

患者さんは何でも噛めるようになったと喜んでくれています。しかも下の義歯の裏に軟らかいシリコンを貼ったために、よけいに痛みが出にくくなります。