主な治療例/患者様の声

上顎洞という空洞までの骨の高さが少ない為、骨造成を行わなければならない ケースです。

 上顎洞という空洞までの骨の高さが少ないため、インプラントを入れるには、上顎洞のシュナイダー膜を持ち上げるため、骨造成を行わなければならないケースです。

このケースですと、普通はサイナースリフトという術式を用いなければなりません。

しかし、サイナースリフトは術後の腫れが大きくなったり、術中の出血が多量に出る ケース があったりと、術後の侵襲が大きく、患者様にはデメリットが大きい術式です。 当院では、ソケットリフトという浸襲が少なく患者様にメリットの多い術式でほとんど行っ ています。 このケースもこれだけの上顎洞を持ち上げた骨造成でも、患者様は腫れもなく、痛み もほとんど ありませんでした。 当院ではこのように、患者様に有利な手術浸襲の少ない方法でインプラント手術を行 うように心がけています。

 

上顎の口腔写真。奥歯がない状態。

 

顎全体のパノラマX線写真。右上にインプラント埋入出来る骨の高さが上顎洞があって不足している状態。および術前デンタル写真です。

 

ソケットリフト法により、侵襲の少ない大きく骨造成をしてインプラントを
埋入した状態のCT写真。