インプラントの治療とは

インプラントについて

インプラントとは、歯の抜けた部分に人体に無害な金属を埋め込むことにより、取り付けられる人工の歯のことをいいます。


その特長は、入れ歯等と異なり見た目が自然で、まるで自分の歯で噛んでいるような違和感のない噛み心地を得ることができる点にあります。


ただ、インプラント治療では人体に金属を埋めるため、他の治療と比べより歯科医師の技術と経験が要求されます。


したがって、インプラント治療で最も重要なのは経験豊富で安心な治療のできる歯科医師をみつけることだと考えます。



義歯(部分入れ歯)との比較

gishi-zukai.gif

入れ歯は、インプラントと異なり、健康な歯に悪影響を与えます。

また、装着時の違和感も強いです。

 

バネの部分が健康な歯にかかっていますので、健康な歯を少しずつ弱くして、最後には抜かなくてはならなくなる場合も少なからずあります。

つけっぱなしだと虫歯の原因にもなります。

 

ブリッジとの比較

bridge-zukai.gif

ブリッジは、インプラントと異なり、処置する部分の周囲の歯を削るので自分の健康な歯を犠牲にします。

使用感は良好ですが、健康な歯を削ってしまいますし、削った歯に負担がかかってしまいます。

インプラントをお勧めしたい理由

インプラントは、これの治療とは異なり、自分の健康な歯を犠牲にせず、違和感のない噛み心地や見た目の自然さを得ることができます。
したがって、インプラントは最も優れた治療法であると考えます。
 

インプラントの欠点

インプラントは最も優れた治療である反面、他の治療と異なり、保健外診療(自費診療)であるため治療費が高くなりますし、経験豊富で安心な治療のできる歯科医師をみつける必要性も高いです。

まとめ

結局、インプラント治療をするにあたっては、経験豊富で技術のある歯科医師による安心できる治療が受けられることが重要です。また他の治療に比べ治療費も高いので、その費用に対する配慮がなされていることも大事です。